「福祉新聞」で「ソーシャルプロダクツ・アワード2016」 の表彰式が紹介されました。


2016年(平成28年)4月4日 月曜日 発行 福祉新聞 にて、
「ソーシャルプロダクツ・アワード2016」 の表彰式が紹介されました。
 

ワンステップのオーガニックコットンウィッグ
「witton(ウィットン)」 が抗がん剤治療で
頭皮が敏感になった人が使用できる
肌に優しいウィッグとして掲載されました。
 

   オーガニックコットンウィッグ 『witton(ウィットン)』 は
   ソーシャルプロダクツ・アワード2016ソーシャルプロダクツ 特別賞(ストーリー)を受賞しています。
 

   ― 受賞理由 ―
   悩みを持つ生活者のニーズに応えるための業界初となるオーガニックコットン素材の利用、
   化学染料を使わない製品づくりが、結果として環境にとっても優しいものとなっている。
   商品性と社会性が両立し、差別化につながっている良い事例である。
   実際に触れてみても、本物の髪の毛に触れているような感覚で、使用する人のQOLを上げる。
   革新的なソーシャルプロダクツは、特定の人向けに開発されたものでも、
   その後一般に広がっていくというのはよくあり、この商品にもそうした期待ができる。
 

福祉新聞に掲載されました2.jpg



                                                                     メディア掲載一覧はこちら